広域営業部

冷凍食品の製造メーカーに10年ほど勤めたのち、転職して不動産業界へ。半年ほど働くも、自分はやはり食品業界が向いていると実感。2016年10月にマルハニチロリテールサービスに転職

広域営業部に所属し、主に外食チェーンへの営業を担当しています。自社工場の製造は現在、まぐろが半分以上の構成率を占めていますが、今後はまぐろの売り上げを上げながら構成率を下げる方向で営業戦略を立案しています。まぐろのみならず、他の水産物にも応用できる加工技術をお客さまから高く評価いただいていますので、私たち営業がお客様のニーズを伺い、原料を探し、工場へ手配し、お客様のニーズをカタチにしていきます。数年前から外食向けにブリ、サーモン等まぐろ以外の供給実績が有り、今後も引き続き様々な魚種で商品化を進めています。ぜひ商品化させて、お客様のお役立ちと共に当社の売上げ、利益アップに貢献したいと思います。

入社当時、前担当から引き継いだお客様へ供給しているネギトロの仕事です。弊社の看板商品ということで発売後10年近く規格を変更していないと聞き、スペックも変えることで売上の拡大を狙いました。工場と協力して数回試作を繰り返し、結果としてお客様が望む商品を完成させる事が出来ました。
仕事を行ううえで大切にしているのはスピードと正確さです。お客様のニーズを伺った後、他のメーカーが取り組まない、想像されていないであろう商品開発を行い、可能性がある限り挑戦し続けます。

水産業界に興味がある人ならば、新しいことにもトライできるチャンスがあり、手を挙げれば、裁量を与えてくれる社風。私は2016年の10月に入社して2017年1月にはアラスカへ出張し、買い付けを経験させてもらうことができました。水産業界で働くこともアラスカへの出張ももちろん初めてでしたが、アラスカは水産の町として発展した歴史があり、とても勉強になりました。
若い方々へもできるだけ色々な経験を積み重ねてほしいと考えています。タイミングがあえば、原料調達や工場での開発も一緒に取り組みます。これから新しく仲間となる人は自分が思ったことを発言できて、行動に移せる人がいいですね。アクションを起こして、振り返って改善を次のアクションに反映し、PDCAを早く回していく。アクションしながら考える積極性と、コミュニケーション能力が必要です。20歳30歳の方々とこれからの戦略を検討、具現化していきたいと考えています。今まさに次世代への飛躍時期、自分のやりたいことをプレゼンすれば、実行できる環境が整っています。すべては自分次第です。ヒット商品を創り、世に送り出すことだってできます。強い信念をもって、“継続は力なり”をこの会社で展開していきましょう。