広域営業部

学生の頃からスーパーの惣菜部門でアルバイトしていて食にたずさわる企業への入社を希望。量販店に商品の提案をできる食品系商社を中心に就活し、念願かなって2017年に弊社に入社

広域営業部に所属する私の仕事は、お客さまからの依頼を受けて、原料の調達、試作を行い、製造部や開発チームと共有し、スケジュールや品質などの管理を行いながら一つの製品としてつくりあげること。主なお客さまは大手量販店と全国展開する生協になります。お客さまの希望にあわせて何度も改良して、実際に採用されれば、お店のちらしに載せてPRしてもらえます。印刷物を見るとそれまでの苦労も吹き飛びますし、自分が販売した商品が店頭で購入される瞬間に立ち会える機会も。そういった営業冥利に尽きるシーンを目にできるのは、大手クライアント相手のビジネスだからこそだと自負しています。

グループ会社のマルハニチロが扱う完全養殖の本まぐろを仕入れ、部位を組み合わせたセットを提案したときのこと。お客様に実際に静岡の工場に足を運んでいただいて、解体作業をみて、試食をしてもらいました。その後、工場担当も交えて、どういう部位の組み合わせならお客様に喜んでもらえるかを話し合ったのですが、工場担当が「冊と切り落としのセットに、中落ちもサービスでつけしましょう」という話になり、お客様にすごく喜んでいただけたことが印象に残っています。実際に見て、食べていただけるのは営業に非常にプラスになります。新鮮なまぐろのおいしさはもちろん、組み合わせでどれくらいのボリュームになるか目と舌で見ていただくことで、即決になることが多いからです。

食品業界や外食産業には、まだまだ弊社の入り込める余地が残っていると思っています。スーパーやコンビニで買い物するときに現場をリサーチしたり、生協のカタログもこまめに目を通し、業界の動向や世の中のニーズをキャッチし、販路拡大をめざしています。
昨年は入社3年目で海外出張も経験。社長と一緒に海老やイカの扱いが多いタイを訪れ、いろいろな工場を見学しました。今後は海外の工場も活用して商品開発をしてみたいです。
現在、営業で担当を持つ女子社員は私だけなので、営業を希望する女性の入社を期待しています。お客さまから原料を仕入れて自社工場で加工もできますし、お客さまの工場で弊社から原料を供給して商品開発もできる。いろいろなやりたいことにチャレンジができる会社なので、新しい商品作りにチャレンジしてみたい人は一緒に頑張りましょう。