焼津工場 食品加工課

大学時代、理学部生物学科で車海老の研究をしていたことから水産業界への就職を希望。鮮魚部門のあるスーパーに内定していたが、販売のみならず仕入れや生産にも携われる当社の募集を見て、就職先を変更し、2014年に入社。マルハニチロのグループ会社というネームバリュー、最もやってみたいつくる側の仕事に就けることも内定を取り消してまで就職先を変更する後押しに。

入社後1年は焼津、仙台工場と東京本社で研修し、2年目に仙台工場に異動、現在は焼津工場で、ネギトロを製造するすき身ラインを管理しています。サンプル品作りも担当していて、原料の選定から添加剤の加減、質感や色味、料金設定まで自分で一から考えつくりあげていきます。完成したネギトロのサンプル品を営業担当にわたし、取引先にプレゼンしてもらうときは緊張しますね。その逆のパターンとして、営業担当がお客様から「こんなものができないか」とヒアリングしてきたものを工場で考案する場合もあります。海鮮パックといって個食パックのなかにまぐろ、サーモン、イカ、タコなどをバランスよく組み合わせるという難しいオーダーではかなり苦労しました。しかし、お客様から喜んでいただけることで、さらなる仕事へのやる気や、売上の向上にもつながるので、今後も自分が考案したサンプル品が製品化されるよう頑張っていきたいと思います。モノ作りをして世の中に出すことはこの仕事に就いていなければ、出来ない価値のある仕事だと思います。取引先が誰もが知っている外食企業やホールセールクラブチェーンなので、親や友人と会話していて、自分がどんな製品をつくってどんな企業に届けているのか、即座にイメージしてもらえることも自慢です。

自分の意見を発信でき、わからないことに積極的に行動することができる、前向きな人に仲間入りしてもらいたいです。工場での仕事は同じことの繰り返しが大半です、その作業が何のためにやっているのか理解できなければ、先に進めないし、やっている方も面白くないと思います。仕事のなかに面白いことを少しずつでも見つけていくことで、楽しく仕事ができるようになります。自分がよくやったときは、自分で自分をほめることをしてみてください。例えば、トラブルが解消されたとき。自分の力だけでなく、他の人の協力があってのことであっても、クリアできたことを改めて認識し、自信をもつことも大事だと思います。

当社にぜひ来て欲しいという思いはありますが、さまざまな選択肢があるなか、悔いのないように存分に検討し、自分がやりたいこととマッチした会社として当社を選んできてもらうのが一番だと思います。例え、他社に入社されてあわなかったとしても、若いうちはやり直すことも可能です。当社はいつでも募集していますので、ぜひ頭の片隅にでも覚えていてもらえればと思います。